びまん性脱毛症の原因と対策

ひとくちに脱毛症といっても、その種類はたくさんあり、原因や症状も異なります。これ以上進行させないためにも、薄毛のサインや抜け毛の多さに気付いたら、早めのケアが必要です。ここでは、女性に多いといわれているびまん性脱毛症について解説します。

びまん性脱毛症は女性特有の症状?

図:薄い部分が広がっている状態

びまんとは、「範囲が広がっている」という意味をもつ言葉。男性に多い頭頂部や生え際など部分的に薄くなるケースとは異なり、薄い部分が広がっている状態。脱毛の症状というよりも見た目の状態を指しています。

男性の場合は、脱毛後、次に毛が生えてくるまで時間がかかって、やがて産毛に…最終的に髪が生えなくなります。

一方、女性は髪が細く生えてくることによるボリュームダウンからはじまり、分け目やつむじを中心に薄毛が目立ってくる傾向。その原因は、年齢によるものだけとは限りません。

びまん性脱毛症の主な原因

びまん性脱毛症の原因は様々で、加齢による女性ホルモンの減少によるFAGA(女性男性型脱毛症)、食生活や生活習慣などによってヘアサイクルが乱れる休止期脱毛症などが関係します。年齢に関係なく、30~40代の女性でもびまん性脱毛症になる可能性があるのです。

びまん性脱毛症の主な原因

  • 女性ホルモンの減少
  • 栄養バランスの乱れ
  • ストレス
  • 過度なダイエット
  • 頭皮のトラブル(炎症、血行不良など)

びまん性脱毛症の対策

びまん性脱毛症はクリニックでの治療という方法もありますが、症状が徐々に進行するため初期の段階で気付かないケースが多いものです。

そこで、日頃から食事の栄養バランスや生活習慣の見直しなど根本からの美容ケアを行うことも大切。飲むビューティーケアとしてのサプリメントを活用したり、血行を促す頭皮マッサージなどを行いましょう。