女性ホルモンが髪に与える影響〜更年期の抜け毛・薄毛対策

女性のライフステージは目まぐるしく変わり、美容の悩みは年齢とともに変化します。なかでも大きな変化といえば更年期で、抜け毛や薄毛が増えるのも悩みのタネ。何となくネガティブになりやすい印象の更年期とどのように向き合ったらいいのでしょうか。

女性ホルモンの変化と髪の関係

更年期っていつ?

図:女性のライフステージと女性ホルモンの変化

引用:「女性の生涯健康手帳」より<(社)日本産科婦人科学会・(社)日本産婦人科医会・厚生労働省>

女性ホルモンのエストロゲンは、上のグラフのようにライフステージに伴って変化します。

エストロゲンの分泌量は28~35歳くらいがピークといわれ、その後は年齢とともに減る一方です。やがて、閉経を迎えた後しばらく経つと分泌が止まって老年期に入ります。

更年期は、閉経の前後5年くらいの期間のこと。例えば50歳に閉経を迎えた場合、45~55歳が更年期でその時期には個人差があります。

抜け毛・薄毛は更年期症状のひとつ

様々な症状を引き起こす更年期

図:様々な症状を引き起こす更年期

更年期は、エストロゲンの減少に伴って様々な症状を招きます。急にのぼせて汗が噴き出すホットフラッシュをはじめ、めまい、倦怠感、白髪や抜け毛の増加など、からだや心に不調をきたすのです。

これらは更年期症状の一部で、症状の出方は人それぞれで、あまり気にならない人もいます。反対に、生活に支障をきたすほど症状が重いケースのときは更年期障害といいます。

更年期に薄毛・抜け毛が増える理由

エストロゲンは、妊娠・出産に関係しているのはもちろん、健康的な髪をしっかり育てて保つ、という働きをしています。

しかし、エストロゲンの減少によって髪の成長期が短くなるとハリやコシを失い、細くて弱々しい状態に。髪の本数が減ったり、髪が成長しないまま抜けてしまい、薄毛を招いてしまうのです。

女性ホルモンだけじゃない!抜け毛・薄毛を進行させる原因

更年期における抜け毛や薄毛の原因は、女性ホルモンだけではありません。

不規則な食生活による栄養バランスの乱れ、ストレスなどからだの内側で起きていることや、日頃のヘアケアによる地肌のトラブルなど複雑に絡み合っています。

抜け毛や薄毛を招く原因

  • 女性ホルモンの減少
  • 栄養バランスの乱れ
  • ストレス
  • 過度なダイエット
  • 頭皮のトラブル(炎症、血行不良など)

言い方を変えると、これまでからだにとって多少無茶なことをしてきても、健康的な髪を保てていたのは女性ホルモンが守っていてくれたから、といえるでしょう。

女性ホルモンが減少する更年期は、ヘアケアやマッサージなど外からのケアにプラスオン。これからの未来に向けて、今までのライフスタイルを見直すときといえます。

更年期と向き合いながら抜け毛・薄毛を防ぐ方法

自分の努力で変えられる栄養バランス

毎日の食生活は、からだをつくる源。更年期によって心身のバランスを崩しやすいときだからこそ、自分の努力で変えられる栄養バランスに目を向けたいものです。

といっても、これまで身についた食生活をいきなり変えるのはハードルが高いことも現実。そんなときは、日頃の食事で摂りにくい栄養素を補うために女性にうれしい高品質サプリなど飲むビューティーケアを取り入れることも、ひとつの方法です。

からだや髪、地肌の栄養をサポートしながら必要な栄養素を摂り入れ、根本からの美容ケアを心がけていきましょう。

適度な運動がストレス解消にも

更年期は、筋力の低下やコレステロールの増加、骨粗しょう症のリスクを高めるなど、肉体的な変化もみられます。

そこで、ウォーキングや簡単なストレッチでからだを動かす習慣を取り入れましょう。毎日の忙しさで運動不足の人も多いかと思います。エスカレーターを使わずに階段で上がる、一駅分歩いてみるなど、できることからはじめましょう。

適度な運動はストレス解消や気分転換にもおすすめ。自分のことだけでなく、仕事や家庭のストレスも抱えやすいお年頃だからこそ、からだと心をやさしくメンテナンスすることが大切です。