妊娠中から抜け毛が増えた!
原因と薄毛対策

出産は、女性にとって人生をかけた大仕事。妊娠から出産までの期間は、女性ホルモンのバランスが変化しています。その影響で、産後に抜け毛で悩んでいる女性が多いことも事実です。なぜ、産後は抜け毛が増えるのでしょうか?

女性ホルモンと髪の関係

髪と女性ホルモンは、とても深い関係にあります。女性ホルモンは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、生理サイクルによってお互いのバランスを保っています。

産後の薄毛に関係するエストロゲン

エストロゲンは、ふくよかなバストやヒップと女性らしい体型をつくっているホルモンで、卵巣から分泌されます。妊娠しやすいからだに整えることはもちろん、コレステロールの代謝や丈夫な骨をつくるなどさまざまな働きをしてくれます。

図:エストロゲンが作用する部位・機能

また、エストロゲンには髪や肌のうるおいをキープする、というミッションも担っています。健康的なヘアサイクルを促し、1本1本の髪をしっかり成長させて豊かな髪をサポートしているのです。

妊娠中に抜け毛は増える?
増えない?

妊娠中は、女性ホルモンの分泌が活発になるとき。エストロゲンプロゲステロンも妊娠前より増えていき、妊娠後期には胎盤からも女性ホルモンが分泌されます。

女性ホルモンが急激に増える妊娠中は、ヘアサイクルや髪の寿命に関係するエストロゲンの増加によって成長期が長くなるため、本来抜ける予定だった髪が抜けにくい状態になるのです。

ヘアサイクルが乱れる原因

ただし、妊娠初期は妊娠を継続させるためにプロゲステロンエストロゲンよりも優位になる期間。プロゲステロンも本来は髪の成長に関係するホルモンですが、ホルモンバランスが崩れることでヘアサイクルが乱れてしまうことがあります。

また、つわりによる食欲不振、不安やストレスなどのメンタル面が不安定になることもヘアサイクルが乱れる原因です。これにより、抜け毛が増えるケースも考えられます。

つわりのときはサプリを利用するのも方法のひとつです。無理のない範囲で、ママと赤ちゃんの栄養補給を行いましょう。

なぜ産後は薄毛になるの?
その原因

出産をすると、からだは妊娠前の状態に戻るため、女性ホルモンは一気に減っていきます。この急激な変化にからだや心が追い付かなくなり、抜け毛や産後うつなどさまざまな症状が起こります。

産後は、急激に女性ホルモンが減少するため、妊娠中に抜けなかった髪が一気に抜けます。産後数ヶ月ごろから、「急に抜け毛が増えた」と感じるのはそのためです。

また、ヘアサイクルも休止期に入るため、一時的な薄毛を感じてしまいます。

いつまで続く?産後の抜け毛

休止期の2~3ヶ月後くらいから髪は生えはじめ、元のヘアサイクルに戻ってくると抜け毛は改善されます。

産後の抜け毛は、個人差があるものの産後6ヶ月~1年程度で元の状態に戻る、といわれています。

産後の薄毛対策

産後の抜け毛や薄毛は一時的なもの、とわかっていても、つい心配で気になってしまうのも事実です。しかし、赤ちゃんとの生活はただでさえ忙しく、睡眠不足や疲れ、食生活の乱れ、ストレスなどを抱えやすい状態です。

さらに抜け毛を増やさないためにも、無理のない範囲で睡眠の確保やバランスのとれた食事など根本からの美容ケアも意識的に。育児や家事もひとりで抱え込まずに、家族に協力してもらうこともひとつの方法です。

ときには、ひとりのお風呂でゆったり過ごしたり、マッサージやアロマなどでリラックスできる時間を取ることもおすすめです。

重くならずペタッとならない

髪が長い場合は、思いきって短くカットすると薄毛対策にもつながります。髪が長いとその重力でペタッと下がってしまい、より薄毛が目立ちやすいもの。伸びはじめた髪も気にならなくなります。

イメージチェンジが気分転換になったり、毎日のシャンプーやヘアケアにかける時間が短くなって、忙しいママには一石二鳥です。