ヘアサイクルと改善方法

髪は1ヶ月で約1cm伸びています。しかし、髪の1本1本には寿命があって、平均して2~6年といわれています。成長しては抜けていき、また新たに生えてくる髪の周期を、ヘアサイクル(毛周期)と呼んでいます。

ヘアサイクルのメカニズム

図:ヘアサイクルのメカニズム

ヘアサイクルは、大きく成長期・退行期・休止期に分かれます。なかでも成長期は女性で平均2~6年と一番長く、今生えている髪の85~95%は成長期の髪。

太く長い髪を育むためには、十分な栄養が不可欠です。食生活の状態も髪の成長に影響を与える、といっても過言ではありません。

また、髪はそれぞれにヘアサイクルが異なっているため、一気に抜けることはありません。抜けるタイミングをずらしながら、一定のボリュームを保っています。

髪が太く長く育つ成長期

図:髪が太く長く育つ成長期
髪が毛根から離れて抜ける段階に入ったとき、実は毛根の底では次の新しい髪がつくられています。
古い髪は新しい髪の成長に伴って少しずつ押し上げられ、この段階になるとシャンプーやブラッシングで簡単に抜けてしまうのです。

古い髪が抜けた後は、新しい髪が太く&長く成長していくとき。古い髪を押し上げ、新しい髪をスクスクと育てるためにも、バランスの良い食生活を心がけ、髪と地肌の栄養をサポートしましょう。

髪の成長が止まる退行期と準備期間の休止期

退行期になると毛母細胞の活動は落ちてきて、少しずつ髪の成長も止まっていきます。この期間は約2~3週間で、髪は毛母細胞から離れていきます。

その後、完全に成長が止まった休止期では、髪は約3ヶ月かけて徐々に上がりながら抜ける準備をはじめます。それと同時に、毛根では新しい髪をつくるための準備をしています。

ヘアサイクルが乱れると成長期が短くなる
~その原因とは?

図:ヘアサイクルが乱れると成長期が短くなる

何らかの原因でヘアサイクルが乱れ、本来2~6年だった成長期が1年などと短くなってしまった場合、髪は十分に成長しないまま抜けてしまいます。

ヘアサイクルが乱れる原因は、食生活の乱れやストレス、加齢や女性ホルモンの影響などさまざまで、ときには原因が複数にまたがっているケースも考えられます。

「柔らかくて細い抜け毛が増えてきたかも…」
そんなときは、ヘアサイクルが乱れているサインかもしれません。正常なヘアサイクルに整えていきましょう。

ヘアサイクルを改善したい!
予防や対策

ヘアサイクルと聞くと、つい頭皮や髪ばかりにフォーカスしがちですが、毎日の生活スタイルを見直すことも大切です。

ちなみに、過度な飲酒は体内でアルコールを分解するために、多くのエネルギーと栄養を消費します。喫煙は、血行を悪くさせる原因に。これらもヘアサイクルが乱れる要因です。

そこで、ヘアケアをはじめとする外からのケアにプラスオン。髪を成長させるための栄養摂取はもちろん、その栄養を毛根に届けるためスムーズな血流に整えておくなど、根本からの美容ケアもお忘れなく。

ヘアサイクルを改善するために、生活スタイルを確認してみましょう。

こんな生活スタイルに注意

  • 栄養が偏っている食事
  • 睡眠不足や浅い睡眠
  • 運動不足
  • ストレスを溜めやすい
  • 喫煙や過度な飲酒